ホーム > 愛知県の老人ホーム > 稲沢市の老人ホーム > 有料老人ホーム > 住宅型有料老人ホーム
愛知県稲沢市の住宅型有料老人ホーム
16件中1〜16件表示
1
1

稲沢市について

稲沢市の位置・地勢

稲沢市は、日本のほぼ中央に位置する愛知県の西部、濃尾平野のほぼ中央に位置しています。 地質的には、沖積層で地味肥沃であり、気候的にも恵まれ、植木・苗木・盆栽の生産、野菜等の栽培に適した条件を備えており、大都市近郊に位置しながら、水と緑に恵まれています。

稲沢市の市章

市章は、稲沢の「い」を図案化したものです。 円は、大きく抱く力と、円満、充実の意を表し、とがったかぎは、光明達成を暗示しています。 この市章は、稲沢町当時の昭和27年、公募制定した町章を受け継いで使用しているものです。 (昭和56年4月1日制定)

稲沢市の木

市の木/クロマツ

クロマツは、日本全国の至る所で見られ、最も親しみ深い樹木です。霜雪に耐えて緑葉を維持し、しかも千年の樹齢を保つことにより、 古くから縁起木として挙げられています。日本庭園での主木として、盆栽界でも王者として取り扱われ、また松竹梅盆栽、門松、生け花などに用いられるなど、日本人の生活文化と深いかかわりをもってきました。 日本の四大植木生産地としての本市は、庭木生産種目の第一に取り上げられ、中でも独特の伝承技術により生産されている仕立てクロマツは、威厳と風格があり他の生産地の追随を許さない高い評価を受けています。 本市では、クロマツも保存樹と保存樹林に指定し保護に努めています。

稲沢市の花

市の花/キク

キクは、ふくいくたる香りと上品な美しさが心に融けこみ、日本人に親しまれている草花です。 昔から災厄を除き、延命長寿、繁栄を表徴し、高貴な香り高い美しい花として尊ばれてきました。 花形、色彩、花の大きさ、草姿の素晴らしさはもちろんのこと、食用などにも幅広く利用されています。 また、四季それぞれに咲く種類、品種が次々と作り出されて多様化し、日常生活の中に生き続けている花です。 市内には、全国有数のキクの生産地をもち、伝統技術の保存と継承によって生産される品種は、常に高い評価を受けています。

稲沢市のマスコットキャラクター

マスコットキャラクター いなッピー

平成20年に市制50周年を迎えるにあたり、記念事業の啓発・宣伝や、半世紀を迎えた稲沢市をより多くのかたにPRするために、公募により平成19年に誕生しました。 現在は、市内のみにとどまらず各地のイベントに登場しています。 作者 山本あや香さん モチーフ 頭は稲沢市特産の植木とアシタバ、体全体はイチョウ、はちまきとフンドシは国府宮はだか祭をイメージ

住宅型有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、20~50室ほどの各個室で介護サービスを受けながら生活をする施設です。個室にはトイレと洗面があり、リビング、ダイニング、浴室は共用となっていることが標準です。民間企業が経営している場合が多く、料金や提供するサービスも様々です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、入浴、排せつ、食事の介護、食事の提供などの介護サービスを外部の介護事業者と別途契約をして在宅介護保険サービスを利用する施設です。

住宅型有料老人ホームのポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

稲沢市のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアの住宅型有料老人ホーム一覧

稲沢市近隣エリアの住宅型有料老人ホーム一覧