ホーム > 愛知県の老人ホーム > 江南市の老人ホーム > 有料老人ホーム > 住宅型有料老人ホーム
愛知県江南市の住宅型有料老人ホーム
7件中1〜7件表示
1
1

江南市について

沿革

江南市は濃尾平野の北部、清流木曽川の南岸に位置し、東西6.1km、南北8.8km、面積30.20平方キロメートルの市域を有する都市です。地形は木曽川左岸扇状地で全般に平坦で、木曽川の恵みを受けた肥沃な扇状地であり、温暖な気候・風土と相まって、暮らしに最適な自然環境となっています。名古屋市から20km圏に位置し、公共交通機関で約20分で結ばれるなど利便性が高く、ベッドタウンとして都市化が進み、愛知県尾張北部の主要都市となっています。また、木曽川をはさみ岐阜県側の地域との交通結節点ともなっています。

江南市民憲章

わたしたちの江南市は、木曽の清流にはぐくまれた広やかな濃尾 平野の北部にあり、伝統にかがやく産業と文化のまちです。 わたしたちの江南市は、木曽の清流にはぐくまれた広やかな濃尾 平野の北部にあり、伝統にかがやく産業と文化のまちです。 わたしたちは、この江南市を愛し、市民であることに誇りと責任 をもっています。 わたしたちは、この江南市を愛し、市民であることに誇りと責任 をもっています。 このまちを、さらに明るく住みよい豊かなまちへの願いをこめて この憲章を定めます。 わたしたち、江南市民は わたしたち、江南市民は 1.自然を愛し、美しいまちにしましょう 1.自然を愛し、美しいまちにしましょう 1.心のかよう、温かいまちにしましょう 1.心のかよう、温かいまちにしましょう 1.健康につとめ、明るい豊かなまちにしましょう 1.健康につとめ、明るい豊かなまちにしましょう 1.きまりを守り、住みよいまちにしましょう 1.きまりを守り、住みよいまちにしましょう 1.教養を深め、文化の高いまちにしましょう (昭和49年6月1日制定)

江南市の木

市の木「くろがねもち」

枝は黒みをおび、葉は互生した楕円形の常緑高木です。 自然の美を生かした緑化推進を願って昭和48年12月7日に制定されました。

江南市の花

市の花「ふじ」

古くから鑑賞用植物とされ、万葉集にも詠まれています。 市民に幅広く親しまれると共に美化運動の推進を願って、昭和48年12月7日に制定されました。

江南市マスコットキャラクター

「藤花ちゃん」

住宅型有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、20~50室ほどの各個室で介護サービスを受けながら生活をする施設です。個室にはトイレと洗面があり、リビング、ダイニング、浴室は共用となっていることが標準です。民間企業が経営している場合が多く、料金や提供するサービスも様々です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、入浴、排せつ、食事の介護、食事の提供などの介護サービスを外部の介護事業者と別途契約をして在宅介護保険サービスを利用する施設です。

住宅型有料老人ホームのポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

江南市のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアの住宅型有料老人ホーム一覧

江南市近隣エリアの住宅型有料老人ホーム一覧