ホーム > 愛知県の老人ホーム > 名古屋市の老人ホーム > 熱田区の老人ホーム > 特別養護老人ホーム
愛知県名古屋市熱田区の特別養護老人ホーム
5件中1〜5件表示
1
1

名古屋市熱田区の紹介

名古屋市熱田区について

区内には、熱田神宮を始め断夫山古墳や白鳥古墳、また、江戸時代に街道一の賑わいをみせたといわれる宿場の面影を残す七里の渡し船着き場跡(宮の渡し公園内)など、歴史的文化遺産が数多く点在しています。  デザイン都市名古屋のシンボルともいえる名古屋国際会議場は、日本最大級のコンベンション施設として平成6年に全館オープンしました。 現在、国際交流の場として、国際会議・式典・コンサートなどに広く利用されています。 一方、日比野地区の市街地再開発事業や金山駅前地区の総合整備事業が進められています。 また、国際会議場や白鳥庭園に隣接して流れる堀川は、マイタウン・マイリバー事業として散策路や船着場などの水辺整備が着々と進められています。  歴史と文化のまち、熱田区にも新たな息吹が感じられ、利便性と快適性に優れたうるおいとやすらぎのある区として、ますますの発展が期待されています。

名古屋市熱田区のシンボルマーク

アツタ区の「ア」をデザイン化したもので、上部の矢先で区の発展を、下部の円形で区民の連帯と和を表したものです。

名古屋市熱田区の花

ハナショウブ Japanese Iris あやめ科

6月頃、茎の頂に大形の花を開きます。品種群のうち江戸ハナショウブ・伊勢ハナショウブ・肥後ハナショウブはよく知られています。 平成元年10月制定

名古屋市熱田区の木

クロガネモチ Kurogane Holly もちのき科

晩秋に熟す赤い果実がひときわ美しい常緑高木です。暖地の山野に自生、5月から6月にかけて、淡紫色の小さな花を多数開きます。 平成元年10月制定

【特別養護老人ホーム】「特養」とは

特別養護老人ホームの正式名称は、「介護老人福祉施設」で、略して「特養」とも呼ばれいます。在宅での生活が困難な高齢者が介護サービスを受けながら生活する施設です。認知症にも対応し、最近では看取りまで行うところが増えてきています。

特別養護老人ホーム 特養

入居対象は、 原則として65歳以上で要介護3以上の方。

特別養護老人ホーム 特養のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市熱田区のその他の種類の老人ホーム一覧

  • 名古屋市熱田区の老人ホーム 施設一覧
  • 名古屋市熱田区の有料老人ホーム 施設一覧
  • 名古屋市熱田区の介護付有料老人ホーム 施設一覧
  • 名古屋市熱田区の住宅型有料老人ホーム 施設一覧
  • 名古屋市熱田区_サ高住_施設一覧
  • 名古屋市熱田区_グループホーム_施設一覧
  • 名古屋市熱田区の特別養護老人ホーム 施設一覧
  • 名古屋市熱田区の介護老人保健施設 施設一覧
  • 名古屋市熱田区の介護療養型医療施設 施設一覧

名古屋市エリアのその他の特別養護老人ホーム一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の特別養護老人ホーム一覧