ホーム > 愛知県の老人ホーム > 名古屋市の老人ホーム > 西区の老人ホーム > 介護老人保健施設
愛知県名古屋市西区の介護老人保健施設
3件中1〜3件表示
1
1

名古屋市西区の紹介

名古屋市西区について:名古屋市西区は、名古屋市の北西部に位置し、面積は約17.9平方キロメートルです。

名古屋市西区は、1908年(明治41年)4月、4区制により誕生しました。西区内を南北で分けるように庄内川が流れており、その以北の山田地区(旧西春日井郡山田村)は、1955年(昭和30年)10月に名古屋市と合併して西区に編入されました。

名古屋市西区のシンボルマーク

英語の西=WESTの頭文字Wをデザイン化し、丸のつらなりで区民の連帯を象徴し、一丸となって豊かな明日をひらくエネルギーを表現したものです。

名古屋市西区の花

さくらそう Primrose さくらそう科

山野の湿原に群生、春に紅紫色の花を開く多年草です。プリムラと呼ばれる外国種のサクラソウは、花期が冬から春、花色も豊富です。 昭和63年1月制定

名古屋市西区の「もーやっこ」計画

「もーやっこ」とは、みんなで仲良く分け合う、という意味の名古屋ことばです。

この「もーやっこ」ということばに「いいことも、困ったことも、みんなで分かち合い、助け合って、西区をより暮らしやすく魅力的なまちにしていきたい」という想いを託し、区政運営のキーワードとしています。  もーやっこ計画(区政運営方針)は、西区の重点的な取り組みや目標を、区民の皆さまにお示しする計画です。

名古屋市西区の木

やなぎ Willow やなぎ科

細い枝が長くしだれるシダレヤナギは、中国原産の落葉高木です。奈良時代に渡来したといわれ、葉が風に揺れる姿は趣があります。 昭和47年9月制定

【介護老人保健施設】「老健」とは

介護老人保健施設は、略して「老健」とも呼ばれ、認知症の高齢者専門の介護施設で、5~9人単位で認知症高齢者がグループとなり、介護を受けながら共同で生活する施設です。

介護老人保健施設「老健」

入居対象は、要介護1~5の認定を受けており、入院治療の必要がない高齢者です。

介護老人保健施設「老健」のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

【介護老人保健施設】「老健」とは

介護老人保健施設は、略して「老健」とも呼ばれ、認知症の高齢者専門の介護施設で、5?9人単位で認知症高齢者がグループとなり、介護を受けながら共同で生活する施設です。

介護老人保健施設「老健」

入居対象は、要介護1~5の認定を受けており、入院治療の必要がない高齢者です。

介護老人保健施設「老健」のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市西区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の介護老人保健施設一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の介護老人保健施設一覧