この検索条件では施設は見つかりませんでした

西春日井郡豊山町の概要:豊山町の紹介 ■位置情報 東経:136度55分 北緯:35度14分 面積 6.18キロ平方メートル

豊山町の生い立ち 「豊山町史」によれば本町の生い立ちは、織田氏の頃には溝口氏の所轄となっており、その後、徳川薩摩守忠吉の所轄となりました。 徳川藩の治世には、大納言義直(源敬公)の所領となり、尾張藩代官所(青山村は小牧代官所、豊場村は大代官所)の所管へ移りました。

明治4年の廃藩置県により、名古屋県となり、翌年には愛知県となり、本町は明治13年に西春日井郡に属しました。明治39年に豊場と青山の2か村が合併し、両村の2字が組み合わされ、豊山村となりました。 第2次世界大戦末に陸軍小牧飛行場が完成し、飛行場はその後、昭和32年に名古屋空港となりました。空港は後に国際線ターミナルも兼ね備え、中部圏の空の玄関口となりました。

西春日井郡豊山町:町章

豊山町の人口・世帯数 人口:15,732 (6,718世帯) 男性:8,079人   女性:7,653人 (2019年9月1日現在)

西春日井郡豊山町:町の花 【さざんか】

西春日井郡豊山町:町の木 【しいのき】

豊山町マスコットキャラクター 地空人(ちくうじん)

地空人(ちくうじん)くんの祖先は、豊山町に住んでいた天狗です。天狗の中では、小柄ですが、大変な努力家です。

地空人くんは、空を飛ぶことができます。そして、地空人くんが持っているうちわは1度振ると魔物を除き、2度振ると福を招き入れることができるといわれています。 ただ、昔、水中訓練中にカメにかまれ、それから泳ぎとカメが苦手になってしまいました。

グループホームとは

グループホームの正式名称は、「認知症対応型共同生活介護」です。認知症の高齢者専門の介護施設で、5~9人単位で認知症高齢者がグループとなり、介護を受けながら共同で生活する施設です。

グループホーム 「認知症対応型共同生活介護」

グループホーム 「認知症対応型共同生活介護」は、地域密着型サービスなので地域に住民票があることが必要です。住民票を持って来ること可能です。 小規模で家庭的な環境が特徴で認知症専門のスタッフから24時間ケアを受けることができます。

グループホームのポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

西春日井郡豊山町のその他の種類の老人ホーム一覧

  • 西春日井郡豊山町_老人ホーム_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_有料老人ホーム_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_介護付有料老人ホーム_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_住宅型有料老人ホーム_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_サ高住_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_グループホーム_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_特別養護老人ホーム_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_介護老人保健施設_施設一覧
  • 西春日井郡豊山町_介護療養型医療施設_施設一覧

名古屋市エリアのグループホーム一覧

西春日井郡豊山町近隣エリアのグループホーム一覧