ホーム > 愛知県の老人ホーム > 丹羽郡の老人ホーム > 扶桑町の老人ホーム > 特別養護老人ホーム
愛知県丹羽郡扶桑町の特別養護老人ホーム
1件中1〜1件表示
1
1

丹羽郡扶桑町の紹介

沿革

扶桑町は愛知県の西北部にあり、東は犬山市、西は江南市、南は大口町、そして北は木曽川をへだてて岐阜県各務原市に接しています。土地はおおむね平坦で北に高く、南にやや低く、総面積11.19平方キロメートル、濃尾平野の一部をなしている田園地帯です。 町内には古墳もあり、古くから人が住んでいたようです。400年程前の木曽川堤防がなかった時代には、木曽川はたびたび氾濫をおこし、祖先たちは水害と戦いながら、必死に生きぬいていたのだろうと想像できます。 木曽川堤防の完成後は、時折水害にあいながらも繁栄し、江戸時代は尾張藩に属していました。明治39年高雄村、山名村、豊国村、柏森村が合併して扶桑村となり、養蚕、生糸の集散地として発展し、昭和27年8月に町制を施行しました。

丹羽郡扶桑町 町章

扶桑町章は、昭和41年7月一般募集され、「ふそう」の「ふ」の字を図案化し、扶桑町が将来に向って発展し続けるよう希望をこめたものであります。

丹羽郡扶桑町の花

ひまわり

キク科の一年草。 北アメリカ原産。茎には剛毛を生じ、高さ2メートルに達する。 夏、直径20センチメートルもの大形の黄色い頭花を開く。 観賞用とし、また種子から食用油をとる。 太陽を追って花がまわるという俗説があるが、実際にはほとんど動かない。 園芸品種がある。 日輪草。 ひぐるま。 <季語-夏>

丹羽郡扶桑町の木

かし

ブナ科コナラ属の常緑高木の一群の総称。 暖地に多く、日本では中部以南に約10種ある。 晩春から初夏に小花を密生した穂をつけ、雌花と雄花とがある。 果実は「どんぐり」。材は堅く、器具材その他として重要。 シラカシ・アラカシ・ウラジロガシなど。 かしのき。

丹羽郡扶桑町の特産物

守口大根

守口大根は江戸時代に中国から伝わり、お漬物として大名に献上されていました。守口大根は、細長いのが特徴で普通直径2〜3cmで長さは1m20cmに成長します。長いもので1m80cm以上になるものもあります。これは世界的にも珍しい大根です。品質、形状、傷の有無を厳しい検査を行いその後、1回目の塩漬に始まり3度、4度の漬かえで味を整えられます。2年余の年月の後、漬物槽の中で熟成した黄金色の守口漬ができあがり、皆さんの食卓にあがります。

【特別養護老人ホーム】「特養」とは

特別養護老人ホームの正式名称は、「介護老人福祉施設」で、略して「特養」とも呼ばれいます。在宅での生活が困難な高齢者が介護サービスを受けながら生活する施設です。認知症にも対応し、最近では看取りまで行うところが増えてきています。

特別養護老人ホーム 特養

入居対象は、 原則として65歳以上で要介護3以上の方。

特別養護老人ホーム 特養のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

丹羽郡扶桑町のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアの特別養護老人ホーム一覧

丹羽郡扶桑町近隣エリアの特別養護老人ホーム一覧